お買い物リスト

いつか欲しい!レデッカーか、イリスか?玄関に置く、一番お洒落なほうきは?

玄関に置ける素敵な箒(ほうき)を探しています。
履き物の砂やほこりをさっと気づいたときにキレイにできるように、
出来れば、自立してちりとりも付いているタイプがいいかなと思って、、、

探してみると、なかなかデザインも良いものがあまりなく
これぞっと思ったのが、
この二つです。
ほうきにしては、良い値段なので、悩んでますが、
我が家の目的としては、
部屋中、ガシガシ使うものでは無く、玄関に置いて、
たまに使うものなので、デザイン性が良いものと思っています。

Iris Hantverk(イリス・ハントバーク)は、スウェーデン生まれのブラシです。
ちりとりとセットで、赤、白、黒、グレーとあります。

ほうきの形が特徴的で、靴ブラシに長い柄が付いたような形です。
木製の柄ですが、ちりとりは、ゴムのようで、床を傷つけなさそうで、
これは、マンションにも嬉しい。
我が家も、玄関はツルツルのタイルなので、傷が気になるので。

 

REDECKER(レデッカー)は、ドイツ生まれ。
イリスと違い、ブラシの部分は日本の伝統的なほうきのように、
藁です。色もポップで、柄が赤やスカイブルーなど、
Irisと同じように、隠すよりも、あえて目につくところに置いても、
空間がちょっとお洒落になります。

ただ、イリスと違い、ちりとりとほうきが自立しないなー

ちりとりは、金属なので、ここが、少し気になります。
が、価格がリーズナブル!

 

最後にもう一つ、ベルメゾンにもありました。
icon
icon
木製ほうきとちりとり
icon
木製柄のほうきに、木製ちりとり、口コミを見てみると、いろんな意見があるけれど、
コストパフォーマンスは高いです。

次、お客様がくるまで、悩んで、
どれか購入したいと思います!

 

2014-11-05 | Posted in お買い物リストNo Comments »